FC2ブログ

スポーツカーとスポーツバイクと(俺)

For only one.

Category :  車・バイク
tag : 
これが、スポーツカーのデザイン。





エンジンスタートスイッチは、右か左か

エンジンスタートスイッチは、トヨタ車ではドライバーの右側に配置するのが通例。しかし、86はセンタークラスター内に配置している。なぜか。すいってを押しエンジンをスタート、ギヤを1stにシフト、そしてパーキングブレーキをリリース。この一連の動作を、すべて左手で行えるよう、センターに集中させたためで、乗り込んだ瞬間の非日常感を大切に考える86ゆえのこだわりである。


走ることに真面目なステアリングホイール

トヨタ車最少径365mmの真円タイプの採用、慣性モーメントの低減につながるステアリングスイッチの排除、スポーク幅やホーンパッドの大きさなど無駄を徹底して削ぎ落とした造形、フォーミュラカーに匹敵する直立角度・・・ステアリングにまつわる子のこだわりをご覧いただければ、FRスポーツにふさわしい俊敏な操作性とデザインを実現したい、その想いは十二分に感じ取っていただけるだろう。ステアリングの形状に関しても、走行テストを通じて開発ドライバーのフィーリングを最優先に、幾度となく確認を繰り返し、親指の安定性に考慮した最適なグリップ断面形状を導き出している。


情報が目に飛び込んでくるメーター

タコメーターを中心にレイアウトした3眼タイプのメーターは、表示配置をはじめ、目盛り、数字の書体にまでこだわるなど、スポーツ走行中の視認性・瞬読性を追求。また、GT"Limited"とGTのタコメーターは白文字盤とすることで、昼間時の眩惑差を減らし、視認性に配慮している。


REVインジケーター

GT"Limited"とGTのタコメーター中央にあるREVインジケーター。レッドゾーンに達したときだけでなく、任意のエンジン回転数をセットしておくと、インジケーターが点灯。直感的なシフトアップ操作をサポートする。


周囲とのスムーズな関係を築くシフトレバー

「操作のしやすさは、走りの楽しさに通ず」86はその哲学を体現すべく、スポーツドライビングをより楽しめるよう、パーキングブレーキをシフトレバーノブすぐ横のドライバー側に配置。また、シフト操作を妨げない最適なコンソールトレイの高さを設定し、さらにコンソールトレイ内のカップホルダーを後方に移動できるようにすることで、シフト操作時の肘の干渉を防止。快適なシフト操作を実現する。


手ごたえに満ちたスイッチ

シルバー加飾を施し、メカニカルな印象を付与したヒーターコントロールパネル(GT"Limited"/G)には、しっかりと掴め、カチッカチッとした操作感の8角形ダイヤルや、確実に押した感覚が分かるピアノタッチ式スイッチを採用。走行中でも、操作の内容が触った感覚で分かるフィーリングを実現している。


乗り降りの儀式

日常から非日常へ。祖の高揚感を大切に考える86には、乗り降りの儀式がある。まずドアを開けたら、シートは勢いよく下げる。そのために、電動ではなく敢えてマニュアルを採用。次は、スカッフプレートのそばに配置したアシストパッド。ここに手をついて乗り降りをする。乗降性をいたずらに追求しない86の哲学だ。




(あと303日。)
スポンサーサイト



コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gorldendarkness.blog94.fc2.com/tb.php/1179-8e144324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

JAN@ZN6

Author:JAN@ZN6
自分の日記とか車っぽいのがメインになると思ってる。スタートした時とだいぶ内容が変わったけどね。

ブログ立ち上げ当時とはずいぶん主旨が変わってきたけどこれからもよろしくね。

F1 Countdown


© CASTLING

F1決勝を忘れないようにしよう

最新記事

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

最新トラックバック
アクセスカウンター

最新コメント
リンク
月別アーカイブ