FC2ブログ

スポーツカーとスポーツバイクと(俺)

For only one.

Category :  車・バイク
tag : 
楽しさは、造ることができる。





ニュルブルクリンクで鍛え抜かれたシート

今回の86の開発において、最後の最後まで論議を重ね、設計・チューニングを繰り返したプロダクトの1つが、このシートである。86のようなスポーツカーにとって、日常から非日常に切り替わる瞬間である乗り降りは、少し苦労して乗り込むぐらいが楽しい。そういった考えもあり、チーフエンジニアは乗降性をはじめシートに求められる様々な性能を両立することよりも、一番欲しい性能に特化することを大号令。あらゆる走行時に最高の性能を体感できるレーシングカー並みのホールド性能を目指し、シートメーカーを含む開発部隊が総動員で、世界最難関のニュルブルクリンクに直接乗り込むという特別体制で開発は進められた。現地では、サーキットと公道の両方でトライ&エラーを繰り返し、世界のトップブランドのシートと比較しながら、ドライバーの感性を最優先にヒアリング。幾度となく施策を重ねた末に、ようやく辿り着いたのが、このシートなのである。実のところ、シートの良し悪しは30分ほど乗った程度では分からない。ぜひ2時間以上連続して乗っていただき、このシートの本当の性能を体感してほしいと切に思う。


カスタマイズの心のあるドアトリムデザイン

86では、ユーザーがカスタマイズを楽しむことを前提とした配慮が設計段階から織り込まれている。例えば、ドアトリム部。ショルダーパッドの別対構成化をはじめ、ロールバーの装着を想定し、干渉しない位置にインサイドドアハンドルを配置するなど、ユーザーがこだわりを注ぎ込めるデザインとなっている。


こだわりも注げるニーパッド

スポーツ走行時に、膝を支え、より安定した運転姿勢を保つニーパッド。上級グレードである(GT"Limited"/GT)に設定し、運転席・助手席両側のドアトリムとセンタークラスター側面に配置したが、こちらもカスタマイズを前提に、ユーザーが容易に取り外せるよう別体構成としている。


足元を引き締めるアルミペダル

蹴り出し感のあるレイアウトを実現したスポーツペダルには、精悍な印象を強調するアルミ製を採用(GT"Limited"/GTに設定)。また、ペダルの操作性に配慮し、ペダルとの関係を最適化したフロアマットを専用設計。全グレードに標準装備している。


2+2シーターへの強いこだわり

86が2シーターではなく、敢えて2+2のシートレイアウトを選んだ理由。それは、スポーツドライビングをアマチュアの方が楽しむためには、サーキット走行に不可欠なタイヤや工具をトランクに載せる必要があり、当然2人乗りでは実現不可能なためである。AE86がそうであったように、86はリヤシートを倒せばタイヤ4輪がピッタリ収まるように、ミリ単位でパッケージを調整している。




(あと302日。)
スポンサーサイト



コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gorldendarkness.blog94.fc2.com/tb.php/1180-700872f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

JAN@ZN6

Author:JAN@ZN6
自分の日記とか車っぽいのがメインになると思ってる。スタートした時とだいぶ内容が変わったけどね。

ブログ立ち上げ当時とはずいぶん主旨が変わってきたけどこれからもよろしくね。

F1 Countdown


© CASTLING

F1決勝を忘れないようにしよう

最新記事

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

最新トラックバック
アクセスカウンター

最新コメント
リンク
月別アーカイブ